6月のキャンペーン!

2009.05.31 Sunday

0
     6月は梅雨の季節。
    雨がつづくとジメジメ…。
    ココロも沈みがち。スッキリしません。
    こんな時こそ、アロマテラピーの出番!!
    芳香したり、ルームスプレーを作ったり、カビ対策だってできる、その他いろいろ…、
    アロマテラピーを正しく利用して快適な6月をお過ごしください。

    アロマテラピーって何?
    エッセンシャルオイルは見たことはあるけど…
    いっぱいあって何を選べばよいのやら…
    使い方が分からない…
    本当に効果があるの?
    何に効くの?
    精油って? という方々にも…
    まずはアロマトリートメントを体感してほしいので。
    全メニュー  10パーセントoffです

    メニューや料金について、施術の流れ、アクセスなどはホームページをご覧になってください。
    ご予約、お問い合わせはメール、電話、ご予約フォームで承っております。お好きな方法でどうぞ。ご気軽にお問い合わせもお待ちしております。

    アロマテラピーハウス虹端庵 koutanan
    滋賀県大津市朝日1丁目11-5
    090-9113-0569


    胡蝶蘭の育て方

    2009.05.28 Thursday

    0
       咲いた、咲いた、胡蝶蘭が咲きました。
      昨年11月にいただいた胡蝶蘭です。育てられるか不安でしたが、
      新しい花芽をどんどん膨らませ、ついに今日、つぼみが一つ開きました。


      植物は過酷な環境になると危機感を感じ、種を絶やさない様せっせっと花を咲かせるのだと聞いた事があります。
      まさにうちの胡蝶蘭。育てたとか世話した感がまったくないから。
       

      いただいた時も満開の花の美しさに感動だったけど、今はそれ以上。
      育てた感はなくても、気にかけてた分、開いてくれて嬉しい。
      やっぱりちゃんとしないと、という気になるわ。という事で、胡蝶蘭の育て方を調べました。
       水やり
      ポイントは水の量ではなく、与える頻度だった!!
      鉢内に新鮮な水と空気を送り込むため、水の量はたっぷり、水がざーっと流れるくらいに与える。
      問題は与える頻度。やり過ぎは禁物!!水のやり過ぎは根腐れの原因になる。
      カラカラに乾いたら与える!でもこれが難しい。鉢の表面が乾いていても、鉢底は乾いていない場合が多い。鉢底に指を突っ込んでみて乾き具合をみる。
      だいたい、表面の水苔がカラカラに乾いて2日後くらいかな?
      夏は4〜5日に1回、冬は3週間に1回くらい。なるほど、これはクリアしてたわ。

       植え替えのポイント
      4号鉢以下の小さい鉢、通気性のある素焼きの鉢がポイント!!
      鉢内に根がいっぱい詰まって窮屈な状態にさせる事で、危機感を持たせ花芽を育てる。やっぱり…。

       置き場所
      夏はレースのカーテンを閉めた窓際、冬はカーテンを閉めダンポール等に株を入れ部屋の中央に置く。

       肥料は7月初旬に1回置肥。9月には必ず取り除く。

       通風は季節を問わず大事。夏場は扇風機を。でも直接あてるのは禁物。

       花後の世話
      先端まで開花し、半分ほど枯れてきたら、翌年花を咲かせるパワーを蓄えるため、花茎の根元から切り落とします。
      切り落とした花は切り花として楽しめますね。
      翌年は別の場所から新しい花茎が伸びてきます。


      花が終わったら、ちゃんと植え替えることにします。
      しかし、よく咲いてくれたものだと感心してます。ありがとう。


      HANSHIN KOUSHIEN STADIUM

      2009.05.28 Thursday

      0
        阪神甲子園球場です。昨日、プロ野球セパ交流戦を観戦してきました。
        これも、私のイノチのセンタクです。





        ただ今、-(ベンワン)グランプリやってます。
        ↓NEW 「セッキーの幕ノ内弁当」

        ちょっと眉が歪んでしまったけど、それでも似てる〜。
        兄貴のスタミナハラミ丼や、新井の穴子重に比べるとインパクトが少ないけど、
        おかずのバリエーションに富んでいて、ビールのおともに最高でした。


        そのセッキーとヒィやんの活躍で、珍しく勝ちました。イノチのセンタクができて良かった。ほっ。





        草地の遊歩道

        2009.05.26 Tuesday

        0
          アロマテラピーハウス虹端庵の裏側の道は、草地の遊歩道なんです。
          草の花が可愛い。気持ちがいい季節です。
          昨年の今頃、虹端庵の工事をして下さっていた棟梁と大工さんが、遊歩道でお弁当を食べておられました。私も参加したかったです。


          コバンソウ小判草)です。ドライフラワーとして用いられます。
          このまま刈り取らずにしておくと、熟して黄褐色になっていきます。




          ツタバウンランです。
          葉がツタの様で、花はウンランの様だということで、こういう名前がついたそうです。
          小さなちいさな花は、よく見るとホント、ランに似ています。

           

          ↓その自慢の遊歩道です。
          住宅街において、この様な草地の遊歩道は珍しいと思います。
          わざわざ遊歩道に面積をとるなんてもう無いのでは。



          下草が程よくクッションになり一歩一歩が気持ちいいですよ。
          アロマテラピーハウス虹端庵を訪れの際は是非歩いてみて下さい。



          オットと森林浴

          2009.05.25 Monday

          0
            若葉でいっぱいの鳳来山の麓でオットとふたりで森林浴。
            今の季節は白い木の花が目立ちました。

            花の蜜を吸っているのはアサキマダラです。
            南国から海を渡ってくるそうです。すごい体力です。
            体力を維持するにはやっぱり十分な栄養補給が大事。しかし、
            無防備。私でも簡単に捕まえられそうでした。

             


            宙に浮いた尺取り虫。蜘蛛の糸を必死に上っていました。




            オットです。




            アオダモ、バイカウツギなど採取してきました。
            虹端庵の床の間に飾ります。


            普段は仕事でストレスの多いオットもリラックスできたでしょう〜。

            緊急!インフルエンザ防止スプレーをつくろう

            2009.05.22 Friday

            0
              ほんと えらい騒ぎになりました、新型インフルエンザ。
              抗菌・抗ウィルス作用の高い精油でインフルエンザ防止スプレーを作りました。
              ティートリーとユーカリの精油は、抗菌・抗ウィルス作用の高い精油の筆頭です。
              特に、ティートリーは、医療施設などで殺菌のために使用している所もあるくらい。

                           ← 用意するもの  
               鉢植えのユーカリ
              けっこう伸びました。今年秋くらいに鉢を大きくしてやる予定です。   

              今回はティートリーを使ってみました。ティートリーだけだと薬臭いので、
              ラベンダーとレモンもブレンドして、香り高い殺菌ルームスプレーに仕上げました。
              ラベンダーもレモンも殺菌作用が高い精油なので、快適に予防を!

              【用意するもの】
              精油…10滴くらい(ティートリー3滴、ラベンダー4滴、レモン3滴)
              消毒用エタノール(上の写真を参照してください)…25mlくらい
              精製水(ミネラルウォーターでもOK!)…35mlくらい
              ビーカー(無ければ計量スプーンで計って下さい)/かくはん棒/スプレー容器

              【作り方】
               消毒用エタノールに精油を加えます  よく混ぜます  精製水を加えてさらによく混ぜて出来上がりです

              保存期間は約1ヵ月です。少なめに作って、無くなったらまた作るというふうに。使う精油やブレンドの分量を変えたりして香りも楽しんで下さい。
              ※ご質問は、アロマテラピーハウス虹端庵までお問い合わせください。


              飛行機雲

              2009.05.21 Thursday

              0
                湖東にある近江富士(三上山)の後ろから飛行機雲が3本一直線に走っていたのですが…。
                車を運転していたので直ぐに撮影できなくって、飛行機雲もぼやけてしまいました〜。




                ユーミンの歌思い出すなぁ。


                飛行機雲についてちょっとだけ調べました。
                飛行機雲ができる原因は3つあります。
                 冷たい大気中に排出された水蒸気(飛行機のジェットエンジンから出された排出ガス)が、急激に冷やされ、水滴や氷晶に変化して雲ができる
                飛行機の移動で、空気が機体に当たって急激な圧縮・膨張をし、水蒸気を多く含んだ空気が凝結して雲ができる
                機体の後方に小さな気流の渦ができ、渦の中で部分的な上昇気流が発生して雲ができる

                「カラー判徹底図解 気象・天気のしくみ」より
                絵で見ると大変分かりやすいです。
                飛行機雲の様子で上空の状態をある程度知ることもできます。
                この日は飛行機雲がわりと早く消えたので、上空の湿度が低かったのかな。


                私を癒してくれるメリーさん

                2009.05.18 Monday

                0
                  ご主人にいつもくっついてやって来ます。



                  この前は赤いリボンを首につけていたので女の子です。
                  というか、おばあさんらしいです。

                  ちょっと動いたら、一休み。
                  私もメリーさんのような老人になりたい。



                  チーズをおねだりするメリーさん。
                  硬くなったチーズを削ってあげたら、それ以来クセになったらしい。



                  これ以上太るとヤバイよ。

                  憧れのネロリ(橙の木)

                  2009.05.16 Saturday

                  0
                    ネロリ、ペチグレイン、ビターオレンジの木です。
                    橙(ビターオレンジ)の木です。たわわに付いたつぼみが可愛い〜。
                    花も葉も良い香りです。見つけた時は興奮してしまいました。
                    だってこれは私の憧れのネロリです。

                    この白い花から抽出したものがネロリ、葉から抽出したものがペチグレイン、果実から抽出したものがビターオレンジです。

                    ネロリはアロマテラピーで高級精油のひとつです(ローズ、ネロリ、ジャスミン、メリッサは高級精油)。
                    サロンの名前にネロリと名付けてしまうくらい、ネロリを愛しているセラピストは多いと思います。
                    さてその香りは…
                    幸せになる香り。気持ちがふわふわ、子供の頃が懐かしくなります。

                    今日は橙の枝をたくさんもらって、両親の部屋、自分たちの寝室、そして虹端庵にも飾りました。

                    そのせいか今日は家族皆幸せそう。

                    さて、そろそろ精油の効能について
                    ネロリは…
                    交換神経を鎮静させてくれます。
                    不安やストレスで交換神経が優勢になってしまっておこる動悸や下痢を緩和します。

                    細胞再生促進作用があるのでフェイシャルのマッサージに使うと、香りにうっとり、肌も間若返っていうことなしです。

                    ペチグレインは…
                    「貧乏人のネロリ」と言われてます。効能も香りもある程度ネロリに似ているから、ペチグレインで我慢するか〜とか言われるペチグレインは可哀想〜。
                    ペチグレインの香りはほろ苦い香りもして、ネロリよりは引き締まった香り。あんまりぼんやりしてられない時、ネロリではなくペチグレインをお使いください。

                    ビターオレンジは…
                    しっかりしたオレンジの香り。消化器系をリラックスさせ、循環器系の働きが高い精油です。食欲増進、リンパの流れを良くし免疫力も高めてくれます。

                    なんだかお腹がすいてきたなぁ。やばい。

                    可憐な花・カモミール

                    2009.05.15 Friday

                    0

                      ↓ 虹端庵の庭のジャーマンカモミールがぼちぼちと咲きだしました。
                      リンゴを思わせる甘〜い香り、ものすごく好きです。

                      昨年は虹端庵と母屋の工事をしていたので、庭の植物がかなり減りました。
                      でも、こうして今年もカモミールが庭に育ってくれたので嬉しい〜。
                      やっぱりハーブは強いですね。私たちのカラダとココロにも良いわけです。



                      カモミールの花が咲いたら早めに収穫してしまいます。
                      なぜかと言うと、直植えしていると、甘い香りに蟻が寄ってくるのです。仕方がないです。

                      カモミールの花はハーブティーや花入れに活けて楽しみます(なるべく蟻さんより早く)。
                      花を摘めば摘むほど、どんどん脇芽が広がって、もっとたくさん収穫できる様になります。
                      蟻さんも大喜びでしょう。

                      ハーブティーは単品で飲むより、他のハーブといっぱいブレンドして飲む方が、味にこくが出て好きです。ハーブの作用も相乗効果で高まるし。
                      胃腸の調子が悪い時はカモミールを多めに入れたり、さらに悪い時は単品でホットミルクに入れて飲みます。

                      ↑上のカモミールは、施術後にフレッシュでお飲みいただけます。是非お試しください


                      さてさて、アロマのはなし。
                      カモミールの精油には2種類あります。
                      ジャーマンカモミール(↑)と、
                      (↑)上の花より少し大きいローマンカモミールがあります。

                      ジャーマンカモミールの精油は、なんと、濃いインクのようなきれいなブルーです。
                      これは強い消炎作用を持つアズレンの色で、もとの植物(↑)には含まれていませんが、水蒸気蒸留の過程で発生します。

                      ジャーマンもローマンも精油の作用はほぼ同じなんですが、このアズレンを持つジャーマンの方は消炎作用が強く、鎮静作用はローマンが強いとされています。

                      カモミールの精油の作用はいろいろありますが、
                      抗アレルギー作用、胃腸の諸症状に対する効果、炎症と痛みを和やらげる効果が大きいのが特徴です。
                      精神への作用も高く、悪夢や不安で眠れない時にもおすすめです。
                      保湿効果が高いので、乾燥肌用の化粧水や石鹸などに使われています。自分で作れますよ。
                      カモミールの精油は高価です。でも香りが濃厚なので、ごく少量で香りも作用も十分です。


                      カモミールでマッサージをすると、ココロが穏やか〜になりますよ。
                      ストレスで肌や胃腸にきたらカモミールを是非試してみてください。