なんとかしたい冷え

2018.02.27 Tuesday

0

    一気に春の気配が感じられるようになりました

     

    先日、正食 (マクロビオティック) の「晩冬から早春のお手当ワーク」を教えていただきました。

     

    身近な植物を使ったお手当法はたくさんあります。

    玄米、番茶、生姜、梅、醤油、里芋、こんにゃく、豆腐、そば粉、大根葉、れんこん、ビワ葉、塩、もぐさ…、

    そんななかから、「番茶、梅、生姜」に絞った内容で学んできました。

     

    生姜はシップや生姜油を作り、番茶は梅醤番茶や番茶シップを作って体感しました。

     

    生姜シップは腎臓辺りに、番茶シップは目の上に、それぞれ20分患部におきました(同時には置いていません)。

    体がポカポカになりました。

    また生姜には炎症をとる作用があり、神経痛などあらゆる炎症に良いそうです。

    腰痛、リュウマチ、腫瘍、婦人病、肩こり、関節炎、腹膜炎、胃潰瘍、ガン、胃腸病、尿道炎、膀胱炎、前立腺炎…

    と書いてありました。

     

    私は次の日、お尻に生姜シップをしてみました。坐骨神経痛の症状がでている右足がシップをしている時から随分と楽になりました。

    体調を崩している夫には背中に生姜シップを。夫も体調復活しました。

     

     

    下記にその方法を記します。

    気になる方は是非お試しください。

     

    また、読んでも分からないようでしたら、

    試してみたいものをご予約時に申し出てください。

    説明させていただきます。

     

     

    ……………………………………………………

     内臓強化と活力の増進に

       梅醤番茶

    ……………………………………………………

     

    梅干し…1こ、醤油…小さじ1、番茶…湯のみ1杯 (150ccくらい) 、生姜汁…少々

     

    1. 梅干しはタネをとり、湯のみの中で突いて砕く→そしてよくねる

    2. 1に醤油を加え、熱い番茶を注ぐ

    3. 生姜汁を少々加えて出来上がり〜

     

    結構美味しいです。

    体力がないな、と思ったら、ぜひお試しください。

     

     

    ……………………………………………………

     疲れ目、目の病に

       番茶シップ

    ……………………………………………………

     

    熱い番茶…200cc〜、自然塩…番茶の1%、ハンドタオル1枚

    1. 熱い番茶にハンドタオルを浸け(タオルの両端は浸けない→ タオルの両端を持って水気を絞る)

    2. 熱々のタオルを目の部分だけにあてる

    3. 15〜20分くらい、途中タオルが冷めてきたら、また熱い番茶に浸け、目に当てる。

     

    シップ後目がスッキリしました。

    パソコンや携帯などで目の疲れを感じている方、

    是非試してください。

    緑内障の方にも良いそうです。

     

     

    ……………………………………………………

     神経痛などあらゆる炎症に

       生姜シップ

    ……………………………………………………

     

    ひね生姜…150g、水…2〜3ℓ

    深い鍋、コンロ、温度計、お茶パック、厚めのタオル2〜3枚、バスタオル、ビニール袋、毛布

     

     

     

    1. ひね生姜をすりおろす

    2. 木綿の袋に入れる (私はお茶パックに入れました。小さいのしかなかったので数枚に。大きいパックが良いです。擦った生姜が入れやすい)

    3. 70℃のお湯につける(鍋は大きめのが良いです)

    4. 厚めのタオルをつける(両はしは手で絞るためにつけないようにする)

    5. タオルの端を持って絞る

    6. 叩いて温度の調整をする

    7. やや熱めで幹部に当てがう

    8. タオルの熱が冷めないように2枚にしたり、また熱々タオルの上にビニール袋を敷く。その上にバスタオル、毛布をかけて20分ほどおく。

    9. 途中タオルの温度が低くなったと感じたら2枚のうち下の1枚を鍋につけ熱いものに取り替える

     

     

     

     

    冷えで悩んでいる方や、

    体のどこかに痛みのある方に、生姜シップはとてもおすすめだと思いました。

     

    生姜シップをしたら、その前後はお風呂に入らないようにしてください。

     

     

    アロマとクレイの冷え対策もお試しください

    ……………………………………………………

      アロマとクレイで

      冷え改善におすすめのメニュー

    ……………………………………………………

    クレイパックをした後にアロマ全身トリートメントがおすすめです。

    アロマトリートメントは、自律神経、ホルモン分泌の調整に作用します。

    体温を調整している自律神経のバランスを整えたり、

    ホルモン分泌のバランスを整えることから冷え改善をアプローチします。

     

    クレイパック例1

     背中のクレイパック 50分 ¥5,000

     腎臓辺りを中心にクレイペーストをおきます。

     ・クレイの種類は施術前のコンサルテーションで適したものを選んでいきます

     ・コンサルテーションでクレイペーストを置くところを決めます

     

    クレイパック例2

     足裏から足首、ふくらはぎのクレイパック 50分 ¥5,000

     ・足裏に溜まりやすい電磁波をクレイペーストが吸収・吸着して取り除きます。

      血液やリンパの流れを促進させます

     

     

    施術前のコンサルテーションで 使う精油やクレイを決めさせていただいています。

     

     

     

    <アロマテラピーハウス虹端庵>

    http://koutanan.com

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2018.10.13 Saturday

    0