植物と暮らし

冬の土用の期間におすすめのこと…

数年に一度の大寒波到来で、

アロマテラピーハウス虹端庵の裏庭にも雪がたくさん積もりましたぁ。

 

 

まだまだ寒い日は続きますね。

明日から2月です。

2月4日の立春の約18日前が「冬の土用」と言われる期間です。

よく知られている夏の土用と同様に体調を崩しやすいときです。

冬の土用の期間に体を冷やさないなど養生をしておくと元気な春を迎えられますね。

 

アロマテラピーハウス虹端庵では、2月いっぱい「冬のトリートメント」キャンペーンを行なっています。

施術前のコンサルテーションで最近の体や心のことや不調などをお伺いして、

その方にあった精油をブレンドしてアロマトリートメントをさせていただいています。

それぞれの季節で体に必要な精油もあります。

元気な春を迎えるためのアロマテラピーもどうぞご利用ください。

 

 

アロマテラピーは植物の揮発成分を体に取り入れるトリートメントです。

トリートメントにより精油は血管の壁を通りからだ全体を巡り、植物の薬効成分が取り入れられます。

そして、鼻からキャッチした精油分子は大脳辺縁系にいき、そして下垂体で免疫や内分泌系、自律神経系に作用します。

 

 

 

健康な体つくりには、

私たちが食べるもの、睡眠、運動、リラクゼーションは大切です。

 

 

冬の土用に食べておきたいもの

寒さに耐えて生育する根菜類と、

太陽のエネルギーを凝縮した天日干しした乾物類です。

体を温めてくれます。

 

腎臓が冷えてしまうと水はけの悪い体になります。

むくみやすかったりしたら、塩気をうまく活用し、根菜類や乾物類を摂ってくださいね。

 

 

私の最近おすすめは甘酒です。

甘いものがやたら摂りたくなる日ってありませんか?

生理前もそうですね。

冬の土用期間も甘いものが欲しくなりやすいそうです。

 

以前「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」の著者の岡部賢二先生の講座を受講したのを思い出して、

最近は甘酒がマイブームです。

 

 

 

 

毎日飲んでいます。

風邪やインフルエンザの予防の一つになっています。

お肌の調子も良いし。

 

 

甘酒のほか、塩麹、白味噌、ヨーグルトや納豆なんかも作れちゃう発酵メーカー。

これがなくても保温ポットなどで温度管理をしっかりすれば作れますが、

これはとても便利です。

 

 

58〜60度を6時間保てると、甘酒の出来上がりです。

生姜入れて温めるとグッド。

 

 

 

冬の土用については

岡部賢二 著

「月のリズムで玄米甘酒ダイエット」を参考にしました。

あぁ〜痩せたい。

……………………………………………………………………………………………

 

<アロマテラピーハウス虹端庵>

http://koutanan.com

 

 

 

-

スポンサーサイト

  • Hatena Bookmark